犬の散歩の時間について知っておくべき5つの理由|対策等を解説!

散歩

どうも!もなぁずです♪

もなか あずき
もなかです♪あずきです♪
もなか
今回は散歩関連のお話♪

あなたは愛犬を散歩に連れて行く時、

 

連れて行く時間帯・散歩をする時間

 

というのを気にしてくれていますか?

この辺りってね、結構重要なんです

 

ここを気にしてあげる・気にしてあげないとでは

愛犬へかかる負荷

という部分でだいぶ変わってくるんですよね!

 

愛犬にとって散歩は、楽しい一大イベント!

そんな素敵な時間帯を台無しにしたくないですよね!

って事で今回は

 

『犬の散歩の時間について知っておくべき5つの理由|対策等を解説!』

 

あずき
私たちが毎日楽しみにしている散歩!気持ち良く快適に散歩したいな♪

 

犬の散歩の時間について知らないと大変な事になる5つの理由

今から紹介する5つの理由は、

散歩をするに当たって凄く重要な事ですので

是非チェックしていって下さいね!

 

理由① 犬の大きさによって、散歩する“時間”も変わってくる

これは少し考えてもらえればわかってくれると思うんですが、

もちろん犬の体格によって散歩する“時間”も変わってきます。

そうですよね!

体の大きさ違う分、体力も違ってくるのは当然ですよね!

でもこの事を知らず小型犬なのに

『まだまだ元気そうだからドンドン行こうか!』

みたいな感じで散歩の時間を延ばしてしまうとバテテしまい、体に負担をかけてしまいます。

 

理由② 毎日同じ“時間”に行くと、愛犬にとってあまりよくない

犬というのは、何事も

習慣化

させるのが得意な動物です。

ですので、毎回同じ時間に散歩に行くと

もなか
そろそろ散歩の時間かな♪

と予想を立てちゃうんですよね。

でもある日何かの用事で、そのいつもの時間に散歩が行けなくなってしまったら…

もなか
あれ?今日は散歩行かないのかな…?

となって、さらに

それが増えてくると、習慣化が得意なワンちゃんは

もなか
いつもこの時間に散歩だったのに!なんで行かないの!?

となり、ストレスを溜めさせてしまう事になります💦

 

理由③ 季節によって“時間帯”を変えないと病気・ケガの恐れが…!


次は散歩に行く“時間帯”です。

これはかなり重要なところなってきます。

 

毎日暑くてたまらない夏の日…。

こういう日は散歩の時間に十分気を付けて下さい。

どういう事かというと、問題は“アスファルト”です。

夏の日中のアスファルトってなかなか気づきにくいんですけど、物凄く暑いんです💦

あずき
そんな中散歩に行っちゃったら、肉球が火傷しちゃうよ…💦

僕たちにとっては『暑い散歩』。でも犬にとっては『熱い散歩』となってしまうんです。

 

そして季節が真逆の冬。

これはこれで問題があるんです。

冬の寒い時間帯って

早朝

ですよね。

こんな時間帯に散歩に行くのもあまりよろしくありません。

あずき
こんな時間帯に散歩に行っちゃったら、余りの寒さに低体温症になります…。

犬は寒さにも弱いという事なんです。

 

理由④ 夜の“時間帯”は思わぬトラブルを引き起こしやすい!

夜という“時間帯”は色々と厄介…💦

 

そう、言うまでもなく視界が悪いですよね。

そんな中散歩に行くと、

・誤飲

・嗅いではいけないもの(除草剤等…)を嗅いでしまう

と、予期せぬトラブルが起きる可能性があります。

 

具体例・知り合いのワンちゃんが誤飲をしました…。

そうなんです。

僕の知り合いのワンちゃんが夜の散歩中に誤飲をして、ずっと吐き続けるという事がありました。

すぐ病院に連れて行ったみたいで、大事には至らなかったみたいです。

愛犬をしっかり見てあげれないというのは、凄く怖い事ですよね…。

 

理由⑤ 子供がいる“時間帯”は犬にとってなかなかストレス!

 

 

あなたが住んでいる所で

子供を外でよく見かける“時間帯”

って、ご存知ですか?

例えば

・登下校の時間帯

・夕方(15時~17時ぐらい)

この時間帯はあまりお勧めできない…かな。

ワンちゃんって犬種によって多少違いますが、基本的に信用できる人以外から触られる事があまり得意としていません。

もなか
そうなんです。

犬種によって少しの違いがあるかもしれないけど、基本的に警戒心は強めです。

そうとも知らず、わんぱくパワー全開の子供たちはガッツリ触りに来ます。

 

頭をず~っとわしゃわしゃ…。

 

結構なストレスになります。

 

具体例・僕の家の周りは小学生だらけ…💦

そうなんです。

僕の家の周りは子供が多くて、

・下校時

・子供が外でよく遊ぶ時間帯

等に散歩に出かけると、

 

子供 『うわぁ~!ワンちゃんだぁ~♪』

 

と言いながら来るんです。

僕はもちろん良いんですよ!子供好きですし♪

ただ、もなかとあずきが毎回…

 

毎回もみくちゃにされるんです💦

 

多分なかなかなストレスを溜めてると思います。

 

 

対策!

ではここまで

犬の散歩の時間の色々について

解説してきました。

 

ではここからその対策について解説していこうと思います。

 

理由①の対策 犬種によってある程度の目安を知っておこう!

犬種によって大きさも違う為、そうなってくると

・散歩させる時間

・散歩させる距離

がもちろん変わってきます。一般的な目安は

・小型犬 = 20~30分を約2㎞

・中型犬 = 30~40分を約3㎞

・大型犬 = 50~60分を約4㎞

…という具合です。

あくまで目安です

これは言ってしまえば一つの基準です。

ですのであなたの愛犬の調子が良ければ、あなた自身でもう少し長くしてあげたり調整してあげて下さい♪

 

実際僕もこの子達の反応を見て、調整しています。

もなか あずき
多くてプラス10分という時があるかな♪

でも逆に調子が悪い時は、もなぁずはすぐ察してくれて早め切り上げてくれます。

 

理由②の対策 散歩の時間はランダムに

悪い意味での習慣化を防ぐ為に、散歩の時間を

ランダム化

してあげて下さい。

早朝の時もあれば夕暮れの時も…♪

 

そうする事によりワンちゃんは

・無駄なストレスを溜める事がない

・ランダムなので、それがまた良い刺激となる

という2つの好循環にが生まれますので、是非実践してあげて下さい!

ちなみに…

もちろん僕はそうしているので、この子達はいつも

『散歩行くよ!』

の一言にめっちゃ喜んではしゃいでくれます♪

 

…いやほんと凄い喜び様です(笑)

理由③の対策 季節(特に夏場・冬場)によって時間帯を変えてあげて!

夏場は…

・アスファルトが熱をもっていない早朝5時~6時半

・アスファルトの熱が冷めている夕方18時半以降(明るい内がベスト!)

冬場は…

・気温が上がり比較的寒くない日中

が最適ですね!

 

愛犬を守る為にも是非、意識してあげて下さい。

 

もう一つ方法が♪

『時間だけじゃ少しわかりにくいなぁ~…』

 

と思っていたら一つ良い方法が♪散歩に行く直前に

アスファルトを触ってみて下さい。

この時に考えてほしい事が

 

あなたが裸足で、一緒に散歩してあげれる温度かどうか?

 

という所を意識して触って下さい。

住んでいる場所によっては、アスファルトの熱の冷め具合は多少変わってくると思いますので、この方法が一番良いかなと思います。

 

理由④の対策 夜の散歩はなるべく控えましょう 

できる事なら夜の散歩は

なるべく控えてあげて下さい。

 

理由の部分でも言いましたが、

誤飲はマジで怖いです!

 

夜の暗闇の中でそれを監視するのは、なかなか至難の技…。

必要のないトラブルを避ける為にも、夜の散歩を控えた方が安全じゃないでしょうか?

 

理由⑤の対策 子供が外にいる時間帯は避けてあげて

ワンちゃんを快適に楽しく散歩させてあげる為にも、

子供が外にいる時間帯

をちょっと把握して、

『この時間帯なら大丈夫かな?』

というタイミングで連れて行ってあげて下さい。

 

そうする事でワンちゃんはストレスなく散歩させてあげる事ができます。

あずき
ちなみに私たちはだいたい

・朝の9時ぐらい

・午後14時ぐらい

・夕方の18時半ぐらい

・暑い時は朝の6時半ぐらい

のどれかに連れてってくれます♪

まとめ

もなか
今回の記事をまとめると…

☆ワンちゃんの散歩は色々な“時間”の管理が必要!

 

・犬種によって散歩させる“時間”が違う → 犬種に合った散歩をさせよう!

 

・毎日同じ“時間”に散歩に行くと犬はそれを覚え、習慣化させる。

そうなった場合もし行けない日は、『行ける』と思っていただけにストレスとなる → 時間をランダム化しよう!

 

・夏場は暑い為、“時間帯”を間違えると愛犬が火傷をしてしまう → アスファルトが暑くない早朝、夕暮れに変えよう!

 

・冬場は寒い為、“時間帯”を間違えると愛犬が低温症になってしまう → 比較的暖かい日中に変えよう!

 

・夜という“時間帯”は、誤飲等トラブルが起きる可能性がある → 夜はなるべく控えましょう!

 

・子供が外にいる“時間帯”は、愛犬にストレスをあたえてしまう場合がある → 子供が比較的少ない時間帯をあらかじめ把握しておき、その子供が少ない時間帯に連れてってあげよう!

あずき
…となります。

最後に

どうでしたか?

散歩に関する時間と言っても

・行く時間

・時間帯(季節)

・時間帯(一日)

と、結構ある事がわかってもらえたと思います。

 

…なかなか大変……とか思っちゃいました?

 

まぁ、慣れていなかったら少し大変と思うかもしれないですね💦

でも、愛犬が楽しく散歩してくれるのなら…そう思えたら

すぐこの生活リズムに慣れますよ♪

大丈夫です。

 

ワンちゃんにとって散歩は一大イベント!

素敵な数十分にしてあげましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました