忙しいあなたには抜け毛が少ない犬をおすすめする3つの理由|しくみ等も解説!

どうも!もなぁずです♪

もなか あずき
もなかです♪あずきです♪
もなか
今回は抜け毛関連のお話♪

ワンちゃんの抜け毛って犬種によって

多い・少ない

があるのを知っていますか?

多い犬種はもうそれはそれは沢山…💦

それとは逆に少ない犬種はもう全然…♪

こんな感じで、僕たち人間の抜け毛と違ってワンちゃんは結構はっきりしているんです。

そして今回はその“抜け毛が少ない犬”についての

・しくみ

・メリット

・デメリット

と解説していき、最終的に

忙しい人には抜け毛の少ないワンちゃんが良いですよ!

っていう事を読んでいるあなたに伝えれればと思っています♪

題して…

『忙しいあなたには抜け毛が少ない犬をおすすめします♪|理由・しくみ等も解説!』

あずき
私たちシーズーはどっちかって言うと少ない方です♪

では最後までご覧くださ~い!

抜け毛の少ない犬のしくみ

ではまず始めに

犬の抜け毛ってどうなってんの?

っていう所を説明していきますね。

犬の毛(被毛)はざっくり言うと

・ダブルコート

・シングルコート

の二つに分かれています。

もなか
ダブルコートはその名の通り

2重層

になっていて、抜け毛が多い被毛タイプです。

あずき
シングルコートもその名通り

1重層

になっていて、抜け毛が少ないタイプです。

今回のテーマは抜け毛が少ない犬ですので、ダブルコートよりシングルコートをメインに解説していこうと思います。

なんでシングルコートは抜け毛が少ないの?

これを説明するには、ダブルコートのしくみを少し知ってもらわないと難しいので、ザっと説明しますね。

ダブルコート

名前の意味:毛が二重に生えてきている事から。

構造:下に短い毛(アンダーコート)と長い毛(オーバーコート)の両方から成り立っている。

理由:年に2回ある換毛期(毛が生え変わる時期)に短い毛が、その時の気温に適した毛に生え変わる為。

抜け毛の時期についてもう少し知りたい方は、↓の記事を見てみて下さい♪

抜け毛は毛質によって、多い・少ないがあります。もしこれからご家庭に、ワンちゃんを迎え入れる方にはなかなか興味深い内容となっていると思いますので♪もし良かったら見ていって下さい。

特徴:この抜け落ちた毛が、なかなか多い!

…とまぁ、こんな感じです。

そしてここから本題の

シングルコートはなぜ抜け毛が少ないのか?

という所なんですが理由は、もう単純に

短い毛(アンダーコート)がないからです!

…というか短い毛(アンダーコート)も長い毛(オーバーコート)になっているんです

はい、これが結論です。

もなか
…もう終わり?

うん。

あずき
理由とかは!?

特徴とかは!?

あぁっ!そやねそやね💦

そこ伝えなきゃね!

まずこのシングルコートのワンちゃんは長い毛しかない為、一部例外もありますが必然的に

長毛種(毛が長~い犬種)

に多い!というのが特徴です。

もなか
じゃあ私たちシーズーも?

もちろん!抜け毛が少なくて助かっています♪

ほかにもこの記事のトップ画面に載せた

・マルチーズ

・ヨークシャーテリア

・トイプードル

・ビションフリーゼ

等があげられますね。

そして

なぜ短い毛(アンダーコート)がない犬種が生まれたのか?

というのはシンプルに寒さを2重で対応する事なく、

1重で過ごせる暖かい地域で生まれた犬種

が多いから、というのが理由となります。

君たちの抜け毛が少ない理由、分かってもらえたかな?

もなか あずき
はい♪

抜け毛が少ない犬は、忙しいあなたと相性がいい3つの理由

そしてここからがある意味本題かな♪

やっぱり抜け毛が多い・少ないでは生活のリズムもだいぶ変わってきます。

そして…

『仕事が残業続きで忙しいし、プライベートもそこそこ大変…。』

『でも!ワンちゃんに癒されたいから家族に迎え入れたい~!』

…なんて思っているあなた!

抜け毛が少ないワンちゃんをおすすめする

3つのメリット

をここから紹介していこうと思います♪

① 手入れがほんと楽です♪

『なんとなく想像できました』

とか思ってませんか?

いやいや抜け毛が多いワンちゃんと比較してみると、その想像を

かなり超えた楽さ

があります。

どういう所がかというと、これはもうただ一つ

ブラッシング後、クシに抜け毛があまりつかない

という所ですね!

なかなか侮れないポイントです。

実際に愛犬のブラッシングをしている時、ほとんどクシに毛は付きません。

これがもたらすメリットは

・ゴミ箱がかさばらない

・クシから抜け毛を取るという作業が格段に少ない

という所です。

抜け毛が多い犬種によっては

バケツ1杯分

にまでなるワンちゃんもいます。

それと比べてみたら、時短にだいぶ貢献してくれてますよね♪

② 掃除も比較的楽です♬

これはかなり時間で差が出てくる所だと思います。

普段掃除機で掃除している時、もし抜け毛が多かったら

『あ~、ここにもあそこにも抜け毛~💦掃除はかどらないなぁ~』

なんて思い、最終的に掃除を始める前から

『今日はどんなもんかな~…』

とか思い始めちゃったりすると思うんです。

…これね、僕は一回も思った事ありません。

理由は簡単!

愛犬(シーズー)は抜け毛が少ない犬種だから、掃除の時に抜け毛を見ないからです♪

だからもちろん掃除機の中の袋の交換頻度は少なめ♪

抜け毛に多い犬は一回の掃除で袋を交換しなきゃいけなくなるみたいです💦

そう考えるとこれも生活の中でだいぶ時短に繋がりますね!

③ 服にも抜け毛が付きにくい!

抜け毛の悩みの一つとして

服に抜け毛がつく

というものもありますよね💦

服に抜け毛が付くと、とるのがかなり厄介…。

そう簡単にとれてくれません。

それが

・お気に入りの服

・スーツ

・礼服

だと、かなり目立ちます💦

さらに抜け毛が多いワンちゃんだったらさらに凄い事に…!

でも~♪抜け毛の少ないワンちゃんは付きません!

…と言いたい所ですが、これは付いちゃいますね💦

でも量で考えると、かなり少な目です。

じゅうたんの埃をとる俗称

コロコロ

ってあるじゃないですか。

あれを2~3分するぐらいで取れるくらいです。

抜け毛が多いワンちゃんとなれば多分、2~3分じゃすまないかもしれません。

そう考えるとこれも時短に繋がると思います。

もちろんデメリットもあります

はい、良い事の裏には必ず

デメリット

というものがあります。

でも対応に仕方によっては、最小限に抑えれるものだと僕は思います。

① 少し毛玉が気になるかも…

上の方にある“抜け毛の少ない犬のしくみ”でも言いましたが、抜け毛の少ないワンちゃんの特徴として、

毛が長~い犬種

が多いのが特徴です。

そうなってくると問題なのが毛玉なんですよね…。

もなか
私はよく耳の毛に毛玉ができちゃいます。

そう、シーズーは毛が長い上に、1本1本が繊細…。

だから毛玉が比較的できやすいのかなと思います。

対応策!

これはなるべくブラッシングをしてあげるに尽きますね!

『えっ!毎日忙しくって、私にできるかな…。』

そう聞こえてきそうですね。

大丈夫です。

忙しい日は、経験上主に毛玉が出来やすい

・耳

・尻尾

・脇

等をスッとブラッシングしてあげて、休日等にゆっく~りスキンシップも兼ねて全身をしてあげて下さい♪

これが実際に僕がしているやり方です。

これであまり毛玉ができませんよ!

ちなみに…

抜け毛の多い犬種は、その抜け毛と被毛が絡まる事で毛玉の

・大きさ

・発生頻度

が抜け毛の少ないワンちゃんに比べて大変です…。

② そこそこ汚れます

これも毛が長いワンちゃんの宿命みたいなものですね。

特に汚れるのが

・地面が濡れている時に行く散歩。 → 足元の毛

・ご飯を食べた後 → 口周り

です。

もなか
ご飯の汚れは私だから…かな?

確かにそうかも!

もなかはドッグフードをふやかしてから与えているので、口周りが汚れちゃうんです。

ですので…

対応策!

口周りの汚れは、なるべくカリカリの状態でドックフードを与えてあげれば汚れません。

あずき
私はカリカリのドッグフードで食べているから汚れないよ!

あずきの口元はいつもきれいです♪

散歩に関しては、地面が濡れている日はなるべく避けてあげれば良いだけの話です♪

まとめ

もなか
今回の記事をまとめると…

☆抜け毛の少ない犬は忙しい方と相性がいいです。その理由として

・手入れが比較的楽

・掃除もあまり抜け毛がめに付かない

・服にもあまり付かない

☆デメリットとしては、

・抜け毛の少ない犬は毛が長い犬種が多い為、毛玉と汚れが気になる所…。

・でも対応次第で最小限に抑えれる!

あずき
…となります。

最後に…♪

いかがでしたか?

抜け毛というのは、ワンちゃんを家族に迎え入れるにあたってちょっと考えてしまう部分だと思います。

でもね、僕はそれで良いと思うんですよね。だって世の中には

『せっかく可愛くて好きなのに、抜け毛が多くて嫌…!』

とか

『もう抜け毛の世話でうんざり…。』

とかの理由で嫌いになり、最悪虐待をしてしまうというケースがあると思うんです。

こんなの悲しすぎますよね…。ワンちゃんは好きで抜けてるわけじゃないのに…。

だったら始めからその部分を考慮して、ワンちゃんを選んであげてほしいんです!

命を迎え入れるというのは、凄く難しい事。

こういう“抜け毛”という部分にもしっかり考えてもらって、あなたの生活スタイルにあったワンちゃんを選んであげて下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加